エステについて

様々な種類のフェイシャルエステについて


高い効果が得られるのに、安く利用できるようになったエステサロンやクリニックを気軽に利用する人が増えています。美意識の高い人が増えていることも、その理由のひとつだといえます。中でも常に外気や紫外線にさらされ、見た目の印象を左右する顔の悩みを抱えている人は多く、フェイシャルエステは人気のコースです。フェイシャルエステといってもいくつか種類があります。その方法や得られる効果も異なるため、自分の悩みに合った種類を選ぶ必要があります。


ケミカルピーリングは、たんぱく質を溶かすフルーツ酸などを使用し、科学的に古い角質を除去し、新しい角質への生まれ変わりを促すものです。肌にはターンオーバーという肌が生まれ変わる周期があります。健康な肌の場合は28日周期で角質が生まれ変わり、古い角質は垢となって剥がれ落ちます。ただ、加齢や乾燥などによってターンオーバーが乱れると古い角質が残りニキビやくすみ、しみなどの原因になります。ケミカルピーリングは、ターンオーバーを正常化に導く効果があります。


リフティングは、顔の筋肉やリンパ腺にほどよい刺激を与え、余分な老廃物や水分の排出を促します。美容液を使用してハンドマッサージを行うのが一般的ですが、超音波機器を利用する場合もあります。加齢による顔のたるみや二重あごを解消されます。たるみやむくみを解消する効果が得られます。


フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる光を照射するものです。この光にはシミやくすみの原因となるメラニン色素を撃退し、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン生成を促す働きがあります。美白効果、若返り効果が期待できます。また肌の刺激が少ないので、敏感肌の人の肌トラブルも改善できます。


イオン導入は、肌に微弱な電流を流し、肌に良いといわれるビタミンCやコラーゲン成分をイオン化させ、肌の奥まで効率よく浸透させるものです。分子量を小さくすることで美肌成分の浸透力が上がり、美白、美肌効果が得られます。


このようにフェイシャルエステといっても方法や効果が異なるので、自分の目的に合うものを選びましょう。


関連ページ

フェイシャルエステでくすみ・しみを改善
シワやたるみをフェイシャルエステで対策
毛穴の開きや黒ずみをフェイシャルエステで改善