エステについて

ブライダルエステで痩せて素敵な花嫁に


結婚が決まるととても忙しくなりますし、仕事の合間に準備を進めるという人も多いでしょう。結婚式では花嫁が主役であり、多くの人の目線を集めることになります。女性はドレス選びにもこだわりたいものですし、人生における最大のイベントである結婚式を華やかに演出したいものでしょう。


お気に入りのドレスを堂々と着こなしたいという場合、肌やボディなどのケアを完璧にしておく必要があります。痩せて綺麗になってから結婚式を迎えたいという人もいるかもしれませんが、自己流ダイエットではなかなか痩せられないことがありますし、気になる部分だけを細くすることは難しいとされています。


そこでおすすめなのがエステサロンで行われているブライダルエステであり、結婚式を控えている花嫁のための特別なエステを受けることができます。ブライダルエステではさまざまなメニューがありますが、ダイエット効果を得たいなら痩身エステを受けると良いでしょう。また、肌の悩みがある場合は美肌効果のある施術を受けるのもおすすめです。


ブライダルエステの痩身エステでは、ドレスを着た時に気になる二の腕やフェイスラインなどのケアを行うことになります。気になる部分を中心にケアを受けることができますが、もちろん全身のケアも人気となっています。ブライダルエステを受ける場合、どのくらい前から通い始めたら良いのか気になる人も多いでしょう。


痩身エステの場合は特にすぐに効果が出るわけではないため、結婚式の2?3か月前から通い始めるのがおすすめです。仕事などで忙しくてなかなかエステサロンに通えないという人もいるかもしれません。その場合は短期間の集中コースを選んでも良いのですが、しっかりと効果を出した場合は結婚式の2?3か月前から準備を始めていくと良いでしょう。


長期コースの方がダイエット効果を実感しやすいのです。特に二の腕などはダイエット効果が出にくいため、できるだけ早めに始めた方が効果的です。


いつから通う?


ブライダルエステのスケジュールは、結婚式当日をゴールと設定します。エステにかけられる予算や期間、肌の状態ややりたいメニューは花嫁によってそれぞれ異なるため、エステサロンでカウンセリングを受けて、ブライダルエステのスタート時期を決めます。


比較的長期にわたって行うメニューはフェイシャル、ボディメイクです。フェイシャルに関しては、じっくり時間をかけることでニキビケアや肌荒れ対策、美白などにも効果が期待できます。また、全身のボディメイクも早めのスタートを切ることで結婚式当日までに満足のいく仕上がりが期待できます。これらのメニューのスタート時期の目安としては結婚式の6か月前となります。


一方、短期的に通う場合は部分的なパーツケアが中心となります。メニューとしては、シェービング、デコルテ、背中、二の腕、脇、ネイル、まつげパーマ・まつげエクステなどが挙げられます。限られた時間の中で最大の効果が発揮できるようにメニューを選びます。花嫁必須のケアといわれるボディ・フェイスシェービングは最低限やっておきたいメニューです。


シェービングは結婚式の1週間?3日前に行うのが目安ですが、お肌のカミソリ負けが心配な人は1か月前にお試しをしておいた方が無難です。中にはシェービングのみ、その日1日だけエステに通う花嫁もいます。


デコルテや背中などのボディパーツケアは結婚式のおよそ3か月前?1か月前の開始が目安です。どのパーツにせよ、お肌のトラブルや悩みが多いほど早めの開始がベターです。ネイルに関しては、自爪にカラーを塗る花嫁は結婚式前日、ジェルネイルやスカルプを行う場合は1週間前?2日前、ネイルチップを着ける予定の場合は1週間前までにフィッティングチェックをします。


まつげについては、パーマやエクステは結婚式の2?3日前に仕上げておきます。ただし、肌がかぶれる人もいるため、初めての場合は1か月前に試しておくと安心です。これらのパーツケアを組み合わせる場合にはスタート時期の目安としては結婚式の3か月?1か月前となります。


関連ページ

ブライダルエステでのシェービングについて
うなじ・デコルテをブライダルエステでキレイにする!
ブライダルエステでぶよぶよ二の腕対策を